スーパー大麦の特徴

スーパー大麦(Himalaya292)は水溶性食物繊維・不溶性食物繊維・レジスタントスターチの3つの食物繊維がベストミックスされた大麦です。レジスタントスターチが、水溶性食物繊維、不溶性食物繊維と絡み合ったコンプレックス構造をしているため、大腸の奥まで届くのです。
こうしてレジスタントスターチが、大腸にすむ善玉菌のエサとなって短鎖脂肪酸(酪酸など)が産生されることで、大腸の奥からケアできるのです。
また、スーパー大麦には一般の大麦と比べて水溶性食物繊維が2倍、レジスタントスターチが4倍含まれているため、より高い効果を発揮します。

img_06

img_07

img_08

 

【スーパー大麦】
スーパー大麦の構造
豊富でバランスの取れた食物繊維