善玉菌を活発にさせる「プレ・バイオティクス」
研究者の間で評価される「プレ・バイオ」効果で腸内環境を整える

腸内環境を整えるためにヨーグルトを食べるという方も多いと思います。ヨーグルトなどにより外部から善玉菌を腸内に入れることを「プロ・バイオティクス」と言います。プロ・バイオティクスでは何億もの善玉菌を取り込むことができますが、善玉菌は胃酸や胆汁により腸の途中で分解・吸収されてしまい大腸まで届きにくいため、プロ・バイオティクスだけで大腸の奥の腸内環境をケアすることは難しいのです。
一方で、食物繊維を日常的に摂ることによって、腸内にすでに定着している善玉菌にエサを与え、善玉菌を活発にさせる「プレ・バイオティクス」という考え方が近年注目されています。善玉菌にエサを与えると、善玉菌が増加し短鎖脂肪酸(酪酸など)がたくさん産生されます。その結果、悪玉菌の増殖が抑制され、同時に腸管バリア機能が高まることで腸内の劣化がおこりにくくなります。さらに、たくさん産生された短鎖脂肪酸(酪酸など)や善玉菌の良い働きは、全身の健康に良い影響をもたらすのです。
上記のプロ・バイオティクスとプレ・バイオティクスを両方行うことで、外部から善玉菌を取り込みながら善玉菌にエサを与え活性化できるため、より効率良く腸内環境を整えられます。両方を取り入れることを「シン・バイオティクス」と言います。

 

短鎖脂肪酸を増やす「第3の食物繊維」レジスタントスターチ

食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維があります。水溶性食物繊維は腸の上部の善玉菌のエサとなり、発酵により短鎖脂肪酸(酪酸など)を産生し全身に良い影響を与えます。不溶性食物繊維は主として腸の奥の善玉菌のエサとなり便の排出を活発にする働きがあります。
また、「第3の食物繊維」として注目されているのがレジスタントスターチ(難消化性でんぷん)です。レジスタントスターチは、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の両方の働きを持ち、さらに水溶性食物繊維よりも短鎖脂肪酸(特に酪酸)を多く産生する優れた特徴を持っています。
このレジスタントスターチは大腸に届き善玉菌のエサとなりますが、単体では大腸の奥には十分に届きにくいと言われています。

 

【大腸ラボ】
「大腸の奥」からの腸内環境改善
プレバイオティクスとプロバイオティクス